ECストアと物流倉庫をアプリケーションで連携し、受注業務や出荷依頼を自動化するシステム「シッピーノ」は、導入支援の一環としてEC物流倉庫(物流代行、物流アウトソーシング)のご紹介も実施しています。

以下の「対応しているEC」に該当するプラットフォームでストアを運営している、あるいは運営する予定があり、EC倉庫の探している方は、ページ下部のフォームよりお問合せください。

対応しているEC

  • Shopify
  • BASE
  • 楽天市場
  • Amazon(出品者出荷)
  • Yahoo!ショッピング
  • Qoo10

紹介しやすい倉庫

シッピーノのEC倉庫紹介は「注文者に向けて商品を出荷する倉庫」の紹介が得意です。

上図のように、ShopifyやAmazon、楽天市場などの注文に対応して、注文者・お客様に向けて商品を直接発送する倉庫のご紹介なら、一度ご相談ください。

倉庫紹介の流れ

  • まず初めにお問合せフォームよりご連絡いただきます。
  • 必要に応じて、一度シッピーノのサポート担当よりヒアリングのお電話やメールをお送りいたします。
  • シッピーノのサポート担当より、倉庫を探す条件について確認するフォーム(ヒアリングフォーム)を貴社に送付いたしますので、ご回答をお願いします。
  • ヒアリングフォームの情報に基づき、条件に近い倉庫担当者に、貴社の情報をご共有いたします。
  • 各倉庫の担当者が、貴社に対する提案や見積もりを行います。

相談費用について

無料で実施しています。

必要に応じて、弊社サービス「シッピーノ」のご利用も、ぜひご検討ください。

紹介物流サービスの例

ご紹介可能な物流サービスのうち、一部の倉庫はブログで内部をご紹介しております。

取材済みの倉庫以外にも、提携倉庫は引き続き拡大中です。

紹介実績


デザイン・生産管理・SNS運用・お問い合わせ対応など、ブランド運営におけるコア業務はすべて1人で行っています。
梱包、発送などの物流業務も自力で行っていたのですが、Eコマースの運営に本格的に力を入れていくにあたって、物流のプロに外注化することにしました。

複数の事業者さんに提案を依頼しましたが、その中でもシッピーノさんは返信が早く、スムーズに物流倉庫の紹介を進めていただけました。その後、自動出荷アプリの設定も親身にサポートしていただきました。

シッピーノを使うことで、Shopifyの注文情報を自動で物流倉庫に連携することができるため、物流倉庫に納品をしてしまえば何もしなくても出荷がされていき、非常に助かっています。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000018627.html

お問合せ