Amazon Marketplace Developer Councilにシッピーノが参加しました。

追加機能・お知らせ > Amazon Marketplace Developer Councilにシッピーノが参加しました。


2018/12/25

シッピーノ株式会社(神奈川県茅ヶ崎市:代表取締役 田渕 健悟)は、米国Amazon.com (以下、Amazon)が主催する Amazon Marketplace Developer Council のメンバーとして招待されました。


Amazon Marketplace Developer Council に参加することで、Amazon Marketplace Web Service(以下 MWS)
API の将来的な開発のためのロードマップや優先順位に関するフィードバックを直接Amazon に提供できるようになります。


シッピーノ株式会社が提供している EC の出荷業務自動化サービス「シッピーノ」は、累計 1,000 店舗以上でのFBA マルチチャネルサービスでの MWS API 利用実績があります。その実績を活かし、FBAを利用する Amazonの販売事業者のより良いユーザー体験をつくるため、本 Developer Council に参加します。


【Amazon Marketplace Developer Council とは】


Amazon Marketplace Developer Council とは、MWS 経由で Amazon と連携する、Amazon の販売事業者向けのソフトウェアデベロッパーを招待するプログラムです。


【自動出荷サービス「シッピーノ」とは】

shippinno.png

シッピーノは、国内の主要 EC モール・カート・受注管理システムと、FBA マルチチャネルサービスを始めとした国内の物流サービスを連携。EC モールに出店している EC 事業者の、受注処理から出荷依頼・在庫同期・商品購入者へのメール送信などを24時間自動化するサービスです。複数モールの受注一元管理と、モール間の在庫同期も可能となります。国内の EC 事業者を中心に、1,000 以上の店舗への導入実績があります。

( 詳細はこちらhttps://www.shippinno.net/)


※Amazon及び Amazon Marketplaceは、全てAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。