SHIPPINNO

0120-948-139
>お客様の声

お客様の声

MARSHAL株式会社様
  • 10人のスタッフが従事していた出荷関連作業がゼロに。
  • パソコン周辺機器販売のMARSHAL株式会社様
株式会社未来創想様
  • 発送業務に費やす時間を、店舗運営向上に向ける事ができました。
  • ⌈手元供養」の製品を販売する、株式会社未来創想様

「手元供養」の製品を販売する株式会社未来創想(みらいそうそう)様。

カロート®ペンダント・ミニ骨壺・ミニ仏壇など、様式にとらわれない供養の仕方を提案されています。

今回、RMS操作プランを導入頂いた感想をお聞きする事ができました。

ショップイメージ

自動出荷システムを導入した背景についてお聞かせください。

担当者様

もともと発送業務は自社で行っていた為、出荷に関わる業務が煩雑でした。

出荷業務はミスが出来ない作業で、手元の帳票と見比べる事や、出荷完了メールに伝票番号を手入力する作業は時間だけでなく、慎重に行わなければならず、神経を使う業務でした。

また土日が休業日な為、月曜に注文がたまってしまい出荷業務にムラがありました。これらの発送業務をシステムを利用して効率化したいと考えていたところ、自動出荷システムの存在を知ったのが導入のきっかけです。

自動出荷システムの導入前と導入後ではどのような違いがありますか?

まず、出荷業務にかかる時間が大幅に削減できました。

これまでは帳票を手元に置いて、1件1件目視で様々な情報を確認しながら行っていた業務が「RMSの注文ステータスを変更するだけ」になった為、作業時間コストが大幅に減りました。

発送業務はミスをできない業務ですので、作業担当者にとって非常に神経を使う作業で「気持ちを集中させなければならない」という面でも大変な作業でした。

具体的には今までは3人だった通販事業部が、他の部門も巻き込んだ11人の体制となり、より戦略的な仕事に注力できる組織へとなりました。

これをシステムにより効率化できたため、気持ちに余裕ができた事も大きく、本来注力したかった商品の見直しや、店舗運営の向上など、他の大事な業務に集中できるようになりました。


また、土日が休業日であるため、これまでは月曜に注文がたまっている事が多いという実情がありました。

購入者様の中には、休業日までしっかり確認されないで注文される事もよくあります。

そのため、月曜に改めて購入者様に「休業日のご注文ですので、再度お届け希望日を聞く」といった運用が発生していました。今回のシステムでは土日祝日でも関係なくシステムが自動出荷してくれるので、30分ほど注文をチェックするだけで、土日でもスムーズに出荷が可能となります。

ですので、土日に交代制で30分ほどのチェック作業をすることで、休業日の注文でも出荷する運用にする事ができます。こういった購入者様とのやりとりを無くす事が出来るのも大きなメリットです。


今回のシステム導入の結果、時間や作業効率アップの他にも良い事がありました。

商品の中には、FBAに預けておらず自動出荷対象にできない商品がありました。

今回の導入をきっかけに、「なぜ自動出荷対象にできないのか」という問題を掘り下げて考える事ができました。

そうする事で、他にも効率化できる様々な要素を明確にする事ができ、全体的な業務改善につながりました。

導入にあたり、大変だったことはありますか?

楽天上では、カラーバリエーション商品はプルダウンで選択する形式で運用していましたが、システム化するために「項目選択肢別在庫」にする必要がありました。

しいて言えばこの設定作業が必要だった事ですね。


また、商品の一部にアクセサリーがあるので、amazonFCが2か所になります。

そのために、あす楽対応エリアの表記設定をしっかりチェックする必要がありました。


いずれも楽天担当者や、Webの匠担当者との電話でのやりとりでスムーズに行う事ができました。

資料請求・お問い合わせは、お電話でも承っております。

フリーダイアル0120-948-139

[受付時間] 10:00~19:00(土日祝除く)