SHIPPINNO

0120-948-139
シッピーノblog > 一目でわかる「FBAマルチチャネルサービス」の便利さ

一目でわかる「FBAマルチチャネルサービス」の便利さ

2016/05/31FBAマルチチャネルサービス

Amazonに出店している方なら多くの方はご存知のFBA(フルフィルメント バイ アマゾン)。
AmazonのFC(倉庫)に在庫を預けていれば、Amazonで商品が売れた際にAmazonが梱包、配送などを全て行ってくれるサービスです。

このFBA、実は楽天市場やYahoo!ショッピングなど、Amazon以外で売れた商品でもAmazonが発送してくれます。
これが「FBAマルチチャネルサービス」です。

FBA利用中の方なら、今日いますぐでも、セラーセントラル上で利用が可能です。

whats_mcf.png

しかし、いざ使ってみるとなると、色々疑問点がわいてきます。
今回は、弊社に寄せられた質問をざっとまとめてご紹介したいと思います。


■利用料金はどれくらいかかるの?

FBAマルチチャネルサービスの利用料金は、以下の3つです。
①倉庫保管料
②配送料
③出荷手数料
(FBA手数料は発生しません)

①倉庫保管料
8.126円 × 商品サイズ(㎤) / 1,000 × [保管日数/当月の日数]

例えば15cm×25cm×5cm の商品を 1ヵ月預けた場合の倉庫保管料は、約15円となります。
倉庫アウトソースサービス業界でも最安レベルの料金となります。

②配送料
小型商品の場合、288円。標準サイズの場合は、396円。
沖縄でも離島でも、全国一律この価格となります。

③出荷手数料
こちらは小型、標準サイズともに134円。

以上、例えば小型サイズの場合、1出荷あたり422円
標準サイズの場合、1出荷あたり530円

この価格で全国一律料金、梱包資材費、出荷作業、Amazonの配送クオリティが含まれます。
メール便以上のサイズの商品を扱う場合は、かなりのコスト的な魅力があります。

FBAマルチチャネルサービスの詳細な料金表はこちら
マルチチャネル.png


サイズ規定はこちら
マルチチャネル2.png



■楽天市場で買ったのに、Amazonの箱で届くと購入者がびっくりするのでは?

FBAマルチチャネルサービスを利用する場合、Amazonのロゴが入らない、無地箱での配送が可能です。

mcf_muji.jpg

■納品書や配送ラベルはどうなるの?

フォーマットはAmazon仕様ですが、店舗名やコメントなどはカスタマイズが可能です。

mcf_nouhin_1.jpg


■どうやって利用するの?

セラーセントラルの「FBA在庫管理」の画面から、配送先の情報を入力するだけで、簡単に発送可能です。
FBA利用中の方なら、いますぐにでも利用可能です。


■Amazonなら当日到着も可能?

もちろんAmazonと同等の配送スピードで利用可能です。
在庫を置くFCにもよりますが、関東のFCの場合、関東エリアは当日着。(7:30amまでの出荷指示)
関西圏~東北までは翌日着(14:00までの出荷指示)で配送可能です。

詳しくは、FBAマルチチャネルサービスのお急ぎ便対応エリア をご覧ください。

当日・翌日着便は「お急ぎ便」を指定する必要があり、通常料金+約80円が加算されます。


■できない事や、気を付けないといけない事は?

配送業者の指定ができません。
主にヤマト、日本郵便で配送され、その他Amazonが提携する配送業者となります。

代引きは利用可能ですが、代引き時のクレジット、デビットカードの支払いには対応していません。

お届け日時指定は、Amazonの規定の枠内での指定となります。
詳しくは、FBAマルチチャネルサービスの配送日時指定 をご覧下さい。



以上、シッピーノ運営サポートに寄せられる、FBAマルチチャネルサービスの質問をまとめてみました。
その他にも100店舗以上が利用中のシッピーノでは、FBAマルチチャネルサービスのマニアックな質問にもお答えできるノウハウがありますので、
ご不明点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。


シッピーノ

FBAマルチチャネルサービスの関連記事