AmazonFBAと、楽天ショップの在庫同期

シッピーノお役立ちコンテンツ > AmazonFBAと、楽天ショップの在庫同期


2016/02/15

弊社が提供するサービス「シッピーノ」では、AmazonFBAの在庫数と、楽天市場の在庫数を同期できる機能があります。

AmazonのMWS(マーケットプレイスウェブサービス)APIと、楽天のWebAPIサービス(RMS WEB SERVICE InventoryAPI)を利用し、
FBAの在庫数と楽天市場の在庫数をリアルタイムに自動連係する事が可能となります。

FBAマルチチャネルサービスを利用して、楽天の注文をFBAから出荷する運用をなさっている店舗様にはうってつけの機能です。

あらかじめシッピーノに商品登録していただく事で、楽天の商品とAmazonの商品を紐づけします。
商品登録方法は、Web画面上から行う方法と、CSVで一括で登録する方法のどちらでも可能です。

各商品ごとに、以下の項目を設定して頂きます。

(楽天商品の情報)
・「商品管理番号」
・「商品番号」
・「項目選択肢別在庫用 横軸選択肢」
・「項目選択肢別在庫用 横軸選択肢子番号」
・「項目選択肢別在庫用 縦軸選択肢」
・「項目選択肢別在庫用 縦軸選択肢子番号」

(アマゾン商品の情報)
・「SKU」

これらの情報をシッピーノに登録して頂く事で、楽天の在庫とFBAの在庫を5分間隔で同期する事が可能となります。

また、各商品毎に「在庫閾値(しきいち)」を設定する事もできます。
これは、在庫同期する5分の間に売り越しが発生するのを防止する機能です。

例えばAという商品の在庫閾値を「3」と設定すれば、FBA側で在庫が3個以下になった場合、楽天の在庫を0個に更新します。
こうすることで、在庫同期の5分以内に、FBA側で3個が売れてしまった場合でも、在庫が無いにもかかわらず楽天側で注文が発生する事が無くなります。

在庫閾値は、商品毎の売れ筋を考え、自由に設定頂く事が可能です。